進学を目指して

黒板

高校や大学入試試験科目の中には小論文を書く内容のものがあり、その対策を行っている進学塾があります。今では進学塾での試験対策として小論文添削というコースがありますが、これが始まることになったきっかけについて調べていきます。 多くの進学塾では試験対策となるとどうしても科目に注目してしまい、それによって中身の濃い対策が行えなかった傾向がありました。そこでより充実した試験対策を行うために、文章力を高めていくために小論文添削というコースを進学塾では導入します。小論文は偏差値が高い大学ほど重要性も増してくるため、このコースも導入と同時にすぐに申し込み者が増えることとなります。このような過去の流れがあったため、現代でも多くの進学塾で小論文添削というコースが多くの方に認識されるようになっています。

偏差値の高い学校に入学するためには、試験項目として小論文という文章力や頭の回転力などが試される問題が出題される傾向があります。塾や予備校では小論文添削コースが導入されていることがありますが、これの今後の需要についてみていきます。 塾や予備校に通う多くの生徒は偏差値の高い学校への入学を希望しているため、小論文についても勉強が必要となります。また塾や予備校には過去に何人もの生徒を一流大学に合格させた実績があるため、試験対策として勉強をする予備校生も増加します。そして小論文の学習に関しては一人では行いにくい点があるため、そういった意味でも塾や予備校は必要となります。なのでこれからも需要については減少することはないと考えられ、むしろ増加していくことが予想されます。